【讃岐うどん店情報】【讃岐うどん通販】
讃岐うどん一本舗

讃岐うどん百景スペシャルバージョン、映画「UDON」松井製麺所に行ってきました。


讃岐うどん百景トップ


丸亀から琴平へ抜ける街道沿い(尽誠学園通り)に、立ち並ぶ“うどん”の旗。そして、その向こうに見える温室へ向かう沢山の人達・・・。この道を通るたびに、『一度覗いてみなくては!』と思っていたうどん店に今月はお邪魔してきました。
正午前の雨が降るあいにくの天気のにもかかわらず、もうすでに沢山の車が止まっておりました。高知ナンバーや兵庫ナンバーなど、県外ナンバーの車も沢山並んでいるこちらのお店の名は『岸井うどん』。初めてわかった店名・・・そして初めて訪問したお店でしたが、こちらのおうどんには今までにない、ちょっとしたカルチャーショックをうけてしまいました。
我が家にとって“讃岐うどん”といえば、コシがいのち!・・・と思っていたのですが、こちらの“おうどん”は柔らかい、不揃いな手打ち麺。でもだしとのバランスがすっごくとれていて本当に美味しい!!!!!!!!!固麺好みの方も、きっと目からウロコ・・・の体験をさせてくれる事間違いなしの超オススメのお店です。
前回までの百景はこちらへ・・・

国道沿いにたなびく旗・・・。
その向こうに見える温室のような建物が“岸井うどん”店。

店内は壁にスノコを張り巡らし、手書きのお品書きが・・・。

おにぎりや天ぷらなど、サイドメニューも充実しておりました。

<こちらの大きな釜がフル稼働!!

薬味はお好みで自分でチョイス!!ちなみに横に見えている“天カス”はカリッカリッで、本当に絶品もの・・・美味しかった〜  >

<この日は雨足がきつく、外で食べる方はいらしゃいませんでしたが、お庭にもビニールテントを張ったお食事スペースが・・・。そして、その横にはタライを使ったオリジナル“手洗い場”
<不揃いな麺には手作りのあたたかさ・・・。そして、だしと麺のバランスは絶妙で、本当に感動ものです。

ぶっかけうどん(大) 260円なり・・・
食べ終われば自分の器をもって、出口のお兄さんの所へ運びます。
手前に見えているシルバー色のものが流し台。そしてその奥がレジ台。
そう、こちらのお店では器を運んで、そこで一緒に精算・・・。
伝票なしで、食べたものを自分が申告してのお支払いです。
でもこれだけ美味しい物を食べさせてもらったら、ウソをつくような人は出ないだろうなぁ〜(笑)。